にんじんのお仕事をしています

パック(袋詰め)のお仕事

コンテナに入った原料(バラの野菜)の準備から始めます

画像をクリックすると拡大されます

量る・組み合わせる

自動計量機のお皿に1本ずつのせます。
どれでも適当にのせて大丈夫。重すぎたり軽すぎるものは、ランプか光ってお知らせしてくれます。緑のランプが点きますからそれを取るだけです。(写真は人参)

コンベアに流します

コンベアに

お皿から取ったものは、真ん中にあるコンベアにのせて流します。 (写真はさつまいも)

包装機で

自動で袋入れです。この先ではラベルも自動で貼ります。
(写真はさつまいも)

袋の口止め

クリッパーで口を止めます。袋を持って通すだけで簡単、力もいりません。
隣のコンテナに仮置きしましょう。
(写真は人参)

数えて入れる

仮置きから、出荷用コンテナに入れます。野菜によって入る数は色々ですが多くても
20~40袋程度です。
きれいに並べるととても美味しそう。
(写真はカット大根)

パレットへ

決められた数を入れたら、パレットに移します。
はみ出さないようにきれいにのせ、定数になったら出荷場に移動します。
(写真はきゅうり)

お仕事の分担

いずれも特別な技術は必要ありません。 受け持つお仕事は日によって変わりますので、色々経験できます。  お1人お1人に合ったお仕事をお願いしています。

powered by crayon(クレヨン)